サオリのばかばかしい日々

なんでだろう...ばかばかしいのに楽しい日々です^^

太田諭 ハングル・パーフェクトマスターの気になる体験談

評価が高いと聞くけれど、試す勇気が出ない
太田諭さんの「ハングル・パーフェクトマスター」。

必ずと言っていいほど、ハングル反切表のページが韓国語の本に載っていますが、
反切表で勉強するより、このテキストで勉強した方が、
ハングルがスッと頭に入ってきました。
音声やイラスト、図解でわかりやすく、ハングル文字の作り方を教えてくれます。
1週間ほどテキストで学習すると、大体読めるようになりました。
発音も、口の開け方、日本語との違いを明快に教えてくれるので、
カタカナ発音にならないです。
テキストを終えてドラマを見てみると、
登場人物の名前がハングルのまま読める、携帯電話のメールの文章が読める、
友人の働く店の看板が読める…
ハングル文字が出てくるたびに、
「わ〜!読めた〜!!」とテンションが上がっちゃいます。って言っているのは
信じてもいいのかな。

本当にそんな成果が出るのならいいけれど。
何か不安。

ハングル・パーフェクトマスターの口コミは?

今までどれだけハングル勉強本を買ったのかわからないくらい、
色々なテキストで勉強してきました。
カンタンだと聞いていたハングルなのに、
今まで買ったどんなテキストも、「文字と発音」のところでストップ…。
「私の頭が悪いから、こんなにできないの?」って思っていました。
ところがこのテキストで、
あれだけ頭に入らなかったハングルが数日で読めるようになりました。
飽きっぽくて、理解力がない私には無理なのかな、と思ってたんだけど、
いつの間にかできた自分自身に、びっくりしています。

悪くないかも。
買ってみようかな?